パソコンの面白さについて語ります

私はパソコンを使うのが好きです。キーボードを打つのも楽しいと思いますし、インターネットをするのも好きです。
昔はチャットをして遊んだものです。楽しくて時間を忘れてしまうことも多々ありました。
なぜここまでパソコンを好きになってしまったのでしょうか。その原因を探るために色々と思い出してみることにしました。
そういえば子供の時にファミコンを使って遊ぶことが好きでした。ファミコンの仕組みはわかりませんでしたが、
テレビの画面の中でかわいいキャラクターが跳ね回るのを見ているとすごく楽しいと感じました。
あれはプログラムで動いているということはだんだんと感覚で分かってきました。

 

プログラムってすごいなあと思うことが多くなりましたね。
自分もいつかゲームを作ることができるようになりたいなあと思うようになりました。大学は理系に進みました。
そこで運良くプログラムを学ぶことが出来ました。プログラムってすごく難しそうなイメージがありますけど、
真面目に取り組んでみると案外理解できるものなのだなあと感じました。

 

そして、それを使ってゲームを作りたいなあと最近は思っています。パソコンがあればゲームも作れるのです。
パソコンは万能な機器です。ワードやエクセルが重要視されていますが
プログラミングもパソコンの能力のうちの一つです。使えば使うほどにその昨日の多彩さにびっくりしてしまいます。
やはりパソコンは面白いです。パソコンを触らない日なんて考えられません。